情報を出し惜しみしない

資金サポートを受けやすくする

計画書がわかりにくいと、審査を通過するのが難しくなります。 信用されるように、丁寧にまとめましょう。 さらに自分にはこのような経歴があると、アピールすることも大事です。 実績が豊富にあれば安定して会社を経営できると思われるので、資金を融資してくれると思います。

毎月返済していく

大きい金額を借りた場合は、一括で返済するのは不可能だと思います。 ですから金融機関で資金サポートを受けると長めの返済期限を設けられ、それまでに少しずつ返していけば問題ありません。 この返済に関しても、きちんと書類にまとめて金融機関に提出しましょう。

正直に書類を作成すること

自分にとって、都合の悪いことがあるかもしれませんが、嘘を書いたり情報を隠したりすると、信用が低下するので正直に記載してください。 事業が成功する見込みがあるなら、無事に審査を通過できます。 また審査の厳しさは、金融機関の種類によって変わると忘れないでください。

わかりやすく作成しよう

どのような会社なのかわからなかったり、これまでにたくさんの負債を抱えたりしている会社は信用できません。
ですから金融機関では、資金サポートを断る傾向が見られます。
しかしサポートを受けられなかったら当然資金を得られないので、これからの経営が困難に陥ってしまいます。
ですから、信用される申し込み方法を知りましょう。
コツは、事業計画書を詳しく記入することです。
また自分の経歴や実績も一緒に伝えることで、信用を高めることができます。

そして、返済に関する計画書も作成して提出しましょう。
自分には借りた資金を返済する意思があると判断されると、審査を通過できます。
毎月得られる利益を考慮し、返済する金額を決めましょう。
すばやく返済できれば良いですが、明らかに無理がある計画は立てないでください。
そのような計画書を金融機関に提出しても、計画性がないと思われるので信用が低下します。

また、嘘の情報を書かないことは基本です。
負債を多く抱えていたり、業績が急激に悪化したりしている時は隠したいかもしれませんね。
しかし嘘を書いたり隠したりしても、すぐに気づかれます。
その時に信用を失うので、都合の悪いことでも伝えてください。
それでもこれからの事業を進めて大きな利益を得られる見込みがあるなら、審査を通過できる可能性があります。
どうしても銀行の審査を通過できない時は、審査がそれよりも緩いと言われるノンバンクを利用するのがおすすめです。

TOPへ戻る