情報を出し惜しみしない

信用が命!資金サポートを得るために必要な条件とは

>

正直に書類を作成すること

都合の悪い情報

負債が多い、経営がうまくいっていないというのはハッキリ言って、資金サポートを受ける時に都合が悪いです。
ですからそれを隠して、融資を申し込む人が見られます。
しかし隠しても後で気づかれ、その時に信用を失うので最初から全て伝えてください。
特に、嘘をつくことは絶対にいけません。
1回でも嘘をつくと信用を大幅に失い、もう資金サポートを受けられなくなってしまいます。

仮に経営状態が悪化していても、新しい事業が成功する自信があって、それを伝えれば審査を通過できる可能性があります。
マイナスを、どうプラスに見せるのかという部分が重要なので、諦めないでください。
負債が多い人は、それぞれの負債の返済計画を具体的に説明しましょう。

銀行とノンバンクの特徴

何回も審査を落ちてしまう人は、自分に合わない金融機関である可能性が高いです。
銀行は審査が厳しく、大きな企業を主に相手にしています。
個人事業主や中小企業が利用するのは難しいので、ノンバンクを選択した方が良いでしょう。
クレジットカード会社や消費者金融が、ノンバンクに該当します。
ノンバンクは融資を申し込み、結果を言われるまで早い面もメリットですね。
そのため、まとまった金額を早く用意したい時にも活用してください。

しかしノンバンクは審査が緩い代わりに、金利が高く設定されていることを忘れないでください。
そのため返済の負担が、銀行に比べて少し大きくなってしまいます。
利用する際は借りる資金額や、頻度に気を付けましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る